<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

本当に南アフリカW杯盛り上がりましたね。
ナショナルチームの戦いは素晴らしく、国民のボルテージを上げてくれましたね!!
その余韻を切らすことのないように組まれた
新チームの初戦は、パラグアイ!!
今から楽しみ!!
パラグアイ戦のPK戦後の毎日新聞の朝刊の一面は、駒野の天を仰ぐ写真、それはないだろう毎日新聞。
ナショナルチームを尊敬する態度が見られない。
残念な一面を飾りました毎日新聞。
以下、ヤフーニュースより抜粋!!


日本サッカー協会が岡田ジャパンに変わる新生日本代表の初戦を、9月4日にパラグアイ代表と対戦する方向で一本化したことが、22日までにわかった。

 FIFA公式ホームページの各国代表チーム試合日程にも一時掲載され、日本協会関係者も「ひとつの候補として交渉を進めています」と話した。

 9月4日から7日までは、欧州リーグの新シーズン開始後初の国際マッチデー。岡田武史監督に代わる新指揮官にとって、この初戦で本田圭佑をはじめ松井大輔ら岡田ジャパンで主力となった海外組を優先的に招集できる。それだけに注目の一戦となることは間違いない。

 気になる新監督の人事だが、日本協会は25日に任期切れに伴う新役員が決まる。23日には日本サッカー協会・犬飼基昭会長を筆頭にした現体制による最後の常務理事会が行われる。

 犬飼会長は「日本のサッカーがこれから目指すサッカーにむけて一番適任の人に決める。代表監督のリストなどない」とし、日本代表の状況を理解している人材を中心に検討していること示唆している。

 日本サッカー協会の新体制決定後、8月上旬までに新代表監督を決めなくては、9月4日のパラグアイ戦の準備もままならない状況となる。いずれにせよベスト16で敗れた南アフリカW杯のリベンジをかけた戦いが、新星日本代表のスタートとなる。
[PR]
by stencil-works3322 | 2010-07-25 00:39 | 今日の日記
借りぐらしのアリエッティを見てきました。
南君の恋人ついに!!アニメ化!!という映画でした。
アリエッティはかわいい。

しかし、消化不良に陥ってしまし
帰宅後、宇宙ショーへようこそ、カラフルなど
現在公開中の予告編など見る始末。

平成狸合戦ぽんぽこ、耳をすませば、紅の豚が素晴らしかったのは
スクリーンの外、暗幕が降りた後にも世界が続いていた
バランスの取れている世界観。

ゲド戦記、借りぐらしのアリエッティ、次回作・・・
宮崎駿、高畑勲、もう頼むよ!!
宮崎駿でないのならきちんと責任を取ってください。
宮崎駿じゃないけんしょうがないっかと観客に思わせたらこれからのアニメ界に希望がありません。

時をかける少女、マイマイ新子と千年の魔法、エヴァンゲリオンのような素晴らしい作品を他所が輩出しているのですから、ジブリさんお客さんとられますよ。

とりあえずカラフルを見に行きたいと思います。
d0023994_1324916.jpg

d0023994_1323159.jpg

d0023994_1331774.jpg
d0023994_1352392.jpg

d0023994_1353257.jpg

[PR]
d0023994_1831056.jpg

d0023994_135638.jpg


d0023994_18311050.jpg

d0023994_144865.jpg

[PR]
by stencil-works3322 | 2010-07-04 18:24 | T-shirtworks
d0023994_2334656.jpg

d0023994_235737.jpg


PLAYER∞S LOUNGE ポイントカード
ポイントカードサービスが始まりました。
是非、ご利用くださいね。宜しくお願い致します。
[PR]
by stencil-works3322 | 2010-07-04 02:36 | design works
ハンドボールは、第20回世界学生ハンドボール選手権が行われています。
男子はグループ成績2位。
女子は、ブラジルに1勝しました。
日本ハンドボール協会のサイトより、選評を抜粋しております。
頑張って下さい!!


7月2日(金)17:00-   女子

  日本  32 (18-13, 14-15) 28 ブラジル
  1勝3敗                5敗

戦評
 女子世界学生選手権四戦目は、ブラジルとの対戦。6-0DFでスタートした日本。ブラジルのOFに対し積極的にパスカットを狙い速攻、アウトサイドへのオフェンスで石井・早川で前半11得点を積み重ねる展開で試合を優位に進める。対するブラジルは左45エースのパワープレーで日本を揺さぶり、前半を18対13で終了。
 後半に入り、ブラジルの接触しながらのパワープレーからリバウンドボールを得点につなげられる苦しい展開。OFではブラジルの高い3-2-1から3-3DFにてこずり、ミスから速攻を許すも日本もセンター稲葉から原・前田のカットイン、小林のポストプレーなどで後半を14対15で終了。Total32対28で1勝目をあげた。明日は15時よりポーランドと対戦。

得点:石井・原7点、早川5点、前田・山田・樽井3点、稲葉2点、儀間・小林1点


7月1日(木)17:00-   女子

  日本  34 (14-21, 20-14) 35 ルーマニア
  3敗                  3勝1敗

戦評
 女子世界学生選手権三戦目は、大型選手が揃うルーマニアとの対戦。センターDFに185cm2枚が壁となり日本が攻めあぐむなか、ルーマニアにポストプレー、速効で4対1とリードされる。対する日本はセンター儀間のカットインに石井のサイドシュートで対抗。開始17分11対10とルーマニアリードから攻撃が単調となり、ルーマニアの早い速攻を許す。日本も樽井の7m、ディスタンスで得点するもルーマニアの攻撃を止められない。前半を14対21で終了。
 後半に入り、日本は低い3-2-1DFにシステム変更しルーマニアの右45、ポスト封じをかける。OFでは日本の早さを活かし、アウトサイドを広げ稲葉・儀間のフェイントから樽井・原のカットイン、石井のサイド、リスタートなどでルーマニアを揺さぶる。ルーマニアの足が止まりだし、退場の間に鎌倉のポスト、山田のサイドシュートで24分32対31と1点差まで詰めよる。ここから一進一退の攻防が繰り広げられ、残り1分山田のサイド石原のファインセーブで34対34の同点に追いつく。日本も必死にボールを奪いにいくもパッシブにならず、残り15秒ルーマニアに得点を許し、ワンプレーを阻止され34対35で終了。

得点:樽井9点、石井・原5点、儀間・山田4点、鎌倉3点、稲葉・前田・早川・小林1点

6月30日(水)18:00-   女子

  日本  29 (12-15, 17-18) 33 トルコ
  2敗                  2勝1敗

戦評
 女子世界学生選手権二戦目は、前回優勝のトルコとの対戦。低い3-2-1DFでスタートした日本。トルコのディスタンスシュートを許し、トルコが先制点をあげる。日本も原のディスタンスなどで開始7分5対6の互角の立ち上がり。ここから、トルコのノーマークシュートをGK石原がことごとくファインセーブするも、日本もイージーミスが続く、10分過ぎに雷雨による雨漏りで10分以上の中断。試合再開も両チームともミスが続くが、小林のポスト、原のディスタンスで17分7対6とリードし、リズムにのりだしたところで、豪雨による二度目の15分間の中断。試合再開され、ここからトルコのエースにディスタンス・カットインを許し前半を12対15で終了。
 後半開始早々に原のディスタンス、石井のサイドで連続得点をあげるが、トルコのエースにワンアシストを含む4ゴールを奪われなかなか点差が縮まらない。日本も稲葉のカットイン・樽井の7m・前田のディスタンスで反撃するも要所でトルコのディスタンスを守り切れず、後半17対18でトルコに逃げ切られた。

得点:石井・原6点、前田・早川・小林・樽井3点、山田2点、稲葉・吉田・高橋1点

6月29日(火)18:30-   女子

  日本  22 (11-19, 11-13) 32 ハンガリー
  1敗                   2勝

戦評
 女子世界学生選手権初戦は、ハンガリーとの対戦。開始5分、サイド石井が7mを獲得し樽井が確実に決め日本先制。6-0DFを攻めあぐむハンガリーに対し樽井の速攻で連続をあげる。開始17分まで6対8と一進一退の攻防が繰り広げられるが、徐々にハンガリーのディスタンスシュートが決まりだし、日本は低めの3-2-1DFにシステムを変え対抗するも、20分過ぎから足がとまり6連続失点で前半を11対19で終了。後半にはいり、ハンガリーがもたつく中、早川・石井の両サイド、稲葉のディスタンスで必死に追いすがるが、ハンガリーのパワーに押し込まれ、点差を縮めることができない。日本も前田・吉田のディスタンスで喰らいつくも後半11対13、Total22対32で終了。

得点:稲葉・石井・前田・早川・樽井・吉田3点、儀間・鎌倉・山田・原1点
[PR]
by stencil-works3322 | 2010-07-04 01:36 | handball works