<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

d0023994_0573420.jpg
大学入学した時に松本大洋を知った。こんな漫画読んだことなかった。大芸にいる人って変わってる。読む漫画まで変わっていて、知らなかったら。読んでみなよって誰もが持っている。1年生のときに手伝わせてもらっていた映像学科の先輩の長編映像卒業制作現場でこの漫画を読んだ。あれから、6年以上経ってこの漫画が映画化された。わくわくした。目まぐるしく動き回るシロとクロ!あの2人がスクリーンを駆け巡っている。松本大洋の感覚は、ちょっと変わっているというよりは特殊な漫画家である。この映画は、マイケル・アリアスである。そう!日本人ではない。この大洋の感覚をどう表現するのか?そんなことは映画を見れば不問である。これは、家庭用のブラウン管でチマチマ見る映画じゃない。大きなスクリーンのある音響も心地よい映画館で見るべきアニメである。漫画を読んだのは6年以上も前でストーリーははっきりとは覚えてない。映画前に読み返そうとも思ったが、辞めた。映画をみながら先読みすることを避けたかったためだ。映画を見終わってすぐに本屋で原作を買った。原作の1/5に目を通したがやはり映画は悪くない。むしろスクリーンに流すことによりスピード感が生まれ、世界観が広がっていた。漫画を読んだらもう一度映画が観たくなるだろう。DVDが出るまで辛抱しよう。時間をおいたらもっと楽しめるだろう。松本大洋万歳。そして、この監督マイケル・アリアスに拍手!!
それと忘れていたがシロの声優を演じた蒼井優も素晴らしかった。拍手である!!
[PR]
d0023994_23481171.jpg大学一年生のときに同級生が村上隆を知っていた。僕は、知らなかった。誰なんだ?大学に入った頃、現代美術という言葉も知らなかった。ピカソや岡本太郎の名前はTVで聞いたことがあった。今よりももっと純粋で何でも吸収しなくてはという時期「村上隆」という名前を何度も目にした。すごいなぁ、こんあすごい人がいるんだ。多分、そう思った。漫画がアートに。僕は、自分の信じてきたものが間違ってはなかったんだと思えた。今、あまり村上隆について周りから肯定的な意見が聞こえてこない。自分もそれに流されていないだろうか。あの大学一年生のときみたいな気持ちになってゆっくり読んでみようと思う。
そして、読み終わった後に時間があればここにレビューを書てみたい。
[PR]
by stencil-works3322 | 2006-12-21 23:55 | 本・雑誌
今日もベスト7な男・荒川勇と呉市体育館に女子の練習に参加してきました。
アップが終わってから
監督が
「ジュース買ってこい」とお駄賃をくださいました
d0023994_2492016.jpg午後の紅茶を指定されて、僕らにはポカリを買いんさいと言ってくださいました。
自動販売機が4台ありまして、1台は紙コップ、3台は普通の缶とペットボトルのタイプです。

僕は、自分の中で午後の紅茶と紅茶花伝がごちゃ混ぜになってましてd0023994_2414534.jpg
「あったあった」と声のテンションが上がったのもつかの間。
「それ違いますよ」とベスト7からお声がかかりちょっと先輩として恥ずかしい思い。

イサムが紙コップの紅茶を押した瞬間に僕は隣の自動販売機にミニボトルで午後の紅茶を見つけてしまいました。
そんなものですよね。
用心して探していても見つからないものですし、
反対に見つかるときはそんなものですね。はっははは。
[PR]
by stencil-works3322 | 2006-12-12 02:51 | handball works
昨日はしっかりと朝からグランドで高校生の練習に混じり身体を動かしてきた。
最後のダッシュ10本はちょぃときつかったが何とかやり遂げた(笑

夜は監督含め高校時代の部活のメンバーでお好み焼きを食べに行った。
やっぱりお好み焼きはルルでしょう。
店内が綺麗になっており驚いた。
ハンドボールの話をつまみにしながらビールを飲み盛り上がった。

帰りに新広駅まで車で送ってもらった。
待ち時間が長かったら呉まで送ってくれると言った。
まぁ、電車に揺られながら帰るのは悪くなかったがさすがに次の電車まで30分もあると素直に送ってと言うしかなかった。

明日は呉市の体育館で練習があるというので、後輩のノリにインシューズを借りた。
28cmのサイズだが(僕は26.5cm)無いよりはマシである。
捻挫に気をつけて今日もしっかり身体を動かそうと思います。
[PR]
by stencil-works3322 | 2006-12-11 14:39 | handball works
今日は、昼から高校の恩師が監督している女子ハンドボールの練習に顔を出してきた。
正直思ったより上手な子達だった。
雨ということにより体育館で練習していた。
高校の同級生の邦治と後輩のイサムと行った。
イサムは今期中四国秋リーグでベスト7に選ばれたそうだ。
大学の生協で月刊ハンドボールを読んでいるとイサムの名があったので驚いた。
俺が高校3年のときに1年生で入部してきた男だ。
細くて髭がチャームポイントな男だ。
彼は大学に入ってもハンドを続けたので7年間現役プレーヤーとして過ごしたこととなる。
今後は、鍼灸師になる勉強に励むそうだ。
さすがに7年もやっているとうまくなっていた。
邦治も大学でプレーしていたので社会人になっていても衰えることなく良い身体をしていた。
女子高校生はというとみな高校から始めたというのに素直なのだろう、始めたころのことは知らなくても伸び率がとても高いチームだという印象をうけた。
センスの良い子も数名いた。もっと、チームにハンドを知っている子がいたらもっともっと面白くなるんじゃないかなぁと思った。進学校の生徒というのは今しか純粋にスポーツをすることがないことが多いと思うので一生懸命に桜花してほしいです。
明日は朝から練習らしいので早く起きなきゃ!


帰ってきて『王立宇宙軍 オネアミスの翼』を鑑賞しました。
ガイナックスの初期作品です。(ナディア、EVA、フリクリ等制作)企画・岡田斗司夫(著書・オタク学入門は超お勧め!面白すぎ!)とかもかくもメンツが熱い、庵野秀明が作画監督に、平成「ガメラ」シリーズの特技監督・樋口真嗣が助監督として参加している。声優に森本レオ、音楽に坂本龍一。
時間がある人は愛國戦隊大日本
(YouTube)もチェック!ガイナックスの前進であるダイコンフィルム制作です。d0023994_111269.jpg近未来の戦争化で生まれる人類初の宇宙飛行士のお話し。善悪は日本特有の描かれ方。主役は恋愛不器用、生き方不器用、恋とともに宇宙への愛が深まっていく。争いばかりの時代、人工衛星もまともに打ち上げられたこともない王立宇宙軍の宇宙戦艦(ただの有人ロケット)は奪われる運命か、宇宙への想いが勝利するのか。内容も映像もストーリーも細部まで愛情が注ぎ込まれた他にこんな丁寧に作られたアニメ作品があるでしょうか。映像もしっかりその後のナディアやEVAを彷彿させる映像もアリ、ファンはにやにやしながら鑑賞してしまします。

『俺はこいつで打ち上げられのか』

これは人類初の宇宙飛行士シロツグの言葉である。
[PR]
by stencil-works3322 | 2006-12-10 01:34 | handball works
約1年ぶりに帰郷しました。
車で帰るつもりでしたが京ちゃんがダダをこねて西宮から一歩も離れたくないというので1人学割を握り締めながら山陽新幹線レールスターで帰りました。そういえば、クラブチームの後輩に新幹線の整備士がおります。立派な仕事です。彼は立派かどうかは解りませんが。

学割を使うと片道¥8,500で帰れました。
1人で帰るなら断然新幹線が学生のうちは安いもんですね。
しかし、この方学割を利用したことが無い人もいるんだと最近知って驚いたことがありました。
新幹線に乗車後に気づいたら広島駅到着前の1分前でした。
つまり約80分寝てました。
4年ほど前に気づいたら広島駅で急いで降りようとしたらドアが閉まったことがありました。今日もあと1,2分の問題でしたね。今日、起きれたのは日ごろの行いのおかげです。

新幹線乗車前、建物の建造も始まってもいない不思議な美術館の展覧会に行ってきました。大阪の人は知っているとは思いますが

大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室で開催されている

ニッポンVS美術

に足を運んできました。
3つの時代に区分された日本の(現代)美術の展示です。
ある意味王道な戦後現代美術ばかりに関心をいただいてきた私は知らない明治以降の日本の作家の展示が多くされていたので食い入るように見てきましたよ。最高に気持ちのよい展覧会でした。小さい規模ながらよだれの出るほどの充実した展覧会でした。

島成園(しま せいえん)
1892(明治25)-1970(昭和45)
女性の日本画家です。
とてもきれいな女性を描く中にもその被写体の女性を超えた魅力が目を惹きつけます。この絵の女性と今にでもお話が出来るんじゃないかという静かさの中にも生きる強さが描かれておりました。

久しぶりに図録を買うに値する展覧会ですね。
美術館でもギャラリーでも個展をみるのは楽しいけれどもグループ展などになかなか面白いものがないなか本当に道筋がわかりやすく優秀な作家を集められた展覧会でした。
10日までなのでまだ行ってないという方は足を運んでみてくださいね。

大学院に在籍していながらも部活動に励んでいたためにまとまった休みがなく久しぶりの帰郷になりました。
部活を引退して時間は経ちましたが個展がありーの、修了論文の中間発表などがありましたのでなかんかタイミングありませんで先日、誕生日の日に中間発表が終わりなんとかこのタイミングと思い帰ってきました。

明日は高校のときの仲間と部活の監督のところに顔を出してなまってきた体を動かしてこよーかなと思っています。

d0023994_21431178.jpg

写真は(仮)美術館が入っている出光ナガホリビルの玄関に飾られているナマハゲサンタさんです。
[PR]
by stencil-works3322 | 2006-12-08 21:43 | 画廊・美術館
携帯電話は代えたばかりなのですが、もっと写真の画質が良いものに代えたいです。
ブログにアップする写真の質をよくしたいですね。
当初は、デジカメを結構頻繁に使っていましたが携帯で撮れるんだったらデジカメ持ち歩くのがたいぎくなってしもうたけん。前の携帯から買い換えれば現行のものと比べると画質はよくなるだろうと思っていたけど大間違いでした。
現在の機種はドコモD702iです。d0023994_1735264.jpg
購入動機は、デザインですね。
スタイリッシュなボディーに惹かれました。
パカパカでは、ないのでパンツのポケットに入れにくく不便。
キーロックは最近覚えましたが、覚えるまでは色々な人にポケットの中で誤って発信。
この記事を見られて心当たりのあるひとはごめんなさい。
携帯はパカパカが良いですね。この携帯はデザインが優れているので気に入ってはいるのですが使いにくさが難点です。使いにくいというのはやはり携帯として不便ですね。

最近、民放番組はNEWSぐらいしか目にすることがなくなりました。
私の一番気にっている番組は、NHKの『プロフェッショナル仕事の流儀』毎回、色々な職業のプロをゲストにむかえてその人の仕事の流儀をさぐっていくというドキュメントです。d0023994_18341781.jpg今までの放送の中では弁護士 宇都宮健児の仕事 の回が面白かったです。ヤミ金問題で裁判に対する謝礼もままならない人々のために立ち向かう弁護士のお話です。これは、DVD化されているのでお近くのレンタルショップなどに行かれるとあるかなぁなんて思います。アートディレクター、パティシエ、左官、陸上コーチ、経営者、毎回ゲストはさまざまです。次週は、りんごは愛で育てる~農家・木村秋則~だそうです。これも、絶対に見逃せないはずです。
[PR]
by stencil-works3322 | 2006-12-04 17:56 | 映画・テレビ